FC2ブログ
勝手に二部構成でお送りしてます。すみませんm(__)m

続き

船で再び同じ船着き場に帰ってきまして、腹が減っては戦はできぬ!
ということで、ここで遅い(3時ごろ)昼食をとることに。
やはり、下関と言えば「ふぐ!」ですよね?
ふぐじゃなくてふく
”下関じゃ「ふぐ」じゃなくて「ふく」だよー!”

だそうです。
ウマー!
食事中の画像ですみません。最初に撮るのを忘れてました。
ヒレ酒とふくのから揚げです。ふくのから揚げは絶品でした!
ふくの握りもおいしかったんですが・・・。 ここ回転寿司だったんですが、8皿+酒1杯で
4千円オーバー!うまいけど、高かった( ;∀;)

食べたら運動ということで!
人のトンネル
上に関門橋 地下に関門トンネル そして更に下には人用のトンネルなのです。
地下通路への扉
このエレベーターで地下50mへ。
超ストレート
約1km近く?ひたすら真っすぐなトンネルです。
海底の県境
仲良しです
真ん中あたりには県境もあります。そしてこのトンネルでウォーキングされてる方が多かったです。
画像の年配のご夫婦もゆっくり往復されてました。こういうのもいいですね(*'ω'*)
私も門司に行きトンネルを戻ってきました。そこでおもしろいもの発見!
長州砲1
大砲がずらり。
長州砲2
ほうほう、なるほど。長州砲ですか!
砲撃だー!
(-☆)キラーン! これはおもしろそうだ。
狙いを定めて
目標!海峡を渡る船(いないけど)
撃てー!
Fire!! どーん!
音と煙がなかなかリアルでした。

で、3日目ですが、下関に一番来たかった理由の場所へ。

山陰線
下関から山陰線の電車に揺られて2時間だったかな?これ1両編成のワンマンカーです。
のどかな駅に降り立ったその駅名が
特売の牛じゃないの?
読めます?「こっとい」って。特別な牛がいるわけでもなさそうですが(笑)
ここから30分ほどバスで移動して、さらに歩くこと10分。
着いた
おぉ!遂に来たよ!下関から約3時間ほど。
この風景が見たくて遥々と!
角島大橋 入口
心に刻む 風景だ!
中村吉右衛〇さんのナレーションが欲しいですね。
オーシャン ブルー
荒天近し
晴れていればもっと綺麗だったんでしょうねぇ。それだけが残念でしたが、実際にこの風景が見れたので
本当によかったです。
この後は雨、雨、雨でした。

最終日は九州の門司港へ
門司港レトロ
門司港レトロ2
門司港レトロです。
周りの建物が大正ロマンを演出しています。レトロな船内で焼きカレーも頂けるようです。
私は食べてませんが(笑)

平日だったのもあるのですが、行く先々で年配の方が大勢いたんですが・・・
タイトル通り「プラン自体が渋い」ということだったんでしょうか?
私も若くないってことですかね?(苦笑)

岩国、下関というか、山口県全般らしいのですが、普通ガードレールって白ですよね?
山口県は黄色というかオレンジ色のガードレールという不思議な光景が見れます。
今、通院している整形のリハビリの先生から聞いたのですが、「特産の夏ミカン」をイメージしてる
そうです。信じられない方は「おいでませ!山口へ!」ということで(謎
本社のYさんのところじゃないので悪しからず(更謎

次回は東へ行くと思います(多分)

<(_ _)>二部構成お付き合い有難うございました<(_ _)>
スポンサーサイト
皆様 こんにちは!
物流部のSouthです<(_ _)>

すっかり朝晩は冷えるようになってきましたね~。もう11月ですしね。
仕事も年末へ向けてじわりじわり? いやもっとかな?増えてきてます。
体調には気を付けてやらなければですね!

さてさて、今回のお題は先月少し長めの休みを頂きまして「岩国~下関」へふらりふらふらと
旅に行ってきました。初日は快晴だったのに、2日目以降から曇り→雨模様と・・・。
まさか、日頃の行いが悪いのか!?と思ったり思わなかったり(笑)

錦帯橋
岩国といえば、もうお馴染み「錦帯橋」ですね。いい天気でしょ?この日は割と暑かったんですよ。
錦帯橋2
錦帯橋渡るのは2回目なんです。前は15年前かな?
橋の上から見る風景はあまり変わってない気がしました。渡りづらいのも相変わらずでした(笑)
岩国城1
橋を渡った先の山の上にそびえ立つ岩国城です。
攻めるのが大変そうですよね?(戦国時代)
熊出没?
麓から城へ上るロープウェーがあるのですが・・・?

熊!?

出てきたらリアルファイトですね!(違

岩国城2
ロープウェー上駅からさらに上ること7~8分で到着。

あれ(・・? 前に行った長浜城と大きさがいい勝負かも?

岩国城内部1
鉄砲
天守閣から
中はなんか刀ばかりでした。鉄砲もちょっとありましたけどね。
山の上だけに天守閣からの眺めは凄かったですよ。

再びロープウェーで麓に降りてくると、上るときには気が付かなかったのですが「岩国シロヘビの館」なる建物が
ありまして、せっかくなので覗いてみました。

が!

爬虫類苦手な方もおられるのでここでは画像を出しません。
代わりに・・・
~>゜)~~~ これで(マテ

白蛇の館
これなら大丈夫かな?ヘビのおもちゃを動かすゲームです(もちろん無料)
ここにいるシロヘビ、実はアオダイショウの突然変異でうまれたヘビなんだそうです。
つまり毒蛇じゃないと。
ここでは、シロヘビが4匹?ショーケース内で生息してて、1匹1匹に名前までついてました。
そのケース前に若い女性が4人ヘビを見ながら「あれ、(ヘビの名前)ちゃんじゃない?」と喜々としてたのが
ある意味シュールな光景でした。
ヘビの話はいらないよ!って方のためにお口直し?↓
にゃー
麓にいました(笑)

翌日下関へ移動するため朝8時に出発。
この日目指すは!
こいやー!
もう有名ですね。
船の中
島まで船で10分ほど。
巌流島1
巌流島到着です。
因みに巌流島は無人島なのです。(狸が住んでるらしいですが)
ここで会社のブログっぽい1枚を!
三菱 下関造船所
巌流島の向かいが「三菱の下関造船所」だったのです。さすが大手!規模がでかかったです。
巌流島2
先に見えるのは関門橋です。
武蔵と小次郎1
「小次郎!敗れたりー!」なシーンでしょうか。
なかなか表情もよくできてました。
レプリカ
こんな船だったんですかね?

島の散策も終わり船を待つ間に見つけたヘンなもの(笑)
パーン!!
海峡パンダって何?謎かけですかね?
高いよ・・・
しかも高い!!

画像が多いのでここで一区切りにします。
後半へ続く。